もうすぐお盆休みなので、後3日パタパタしている店長です。
11日から16日までお盆休みなので、12日は福井県のアトゥーラさんに、大型アクリルケースを持って行きます。
それまでにキューブ水槽も仕上げるので、色々なフタを製作します。
お盆休み明けは、和歌山のやどかり屋さに行って、棚を作るのでお盆休み中に仕込みます。
ねくすとショップは、国内工場ですから、主にオーダーメイドのお問い合わせなどにご利用下さい。
新商品は姉妹店の「アクリルケージ屋さん」か「アクリルケージのお店」にアップしております。
ねくすとショップは、ヤマト運輸系列のモールなので、銀行振込以外はクロネコヤマトで出荷が義務付けられております。
クロネコヤマトはアクリルケージの破損が他の運送会社より、異常に多い上保険も無いので、銀行振込にして他の運送会社で出荷しております。
約1年他の運送会社に変えておりますが、破損率が10分の1に減りました。
カード等のご利用は、「アクリルケージ屋さん」か「アクリルケージのお店」をご利用下さい。



■2022年8月1日
やどかり屋さんが、和歌山の湯浅町に移転されましたので、日曜日に飛沫仕切りを持って行ってきた店長です。

やどかり屋さんには、アクリルケージも置いてもらいますので、観光ついでにご覧下さい。

福井県のアトゥーラさんの、陳列用のアクリルケースは180センチあるので、輸送方法が車以外ありません。
店長の車は240センチまで積めるのでお盆前か、お盆後に持って行きます。

ねくすとショップは、引っ越し中ですが新商品は「アクリルケージ屋さん」か「アクリルケージのお店」にアップしております。

ねくすとショップは、オーダーメイドのお問い合わせなどにご利用下さい。



■2022年7月25日
天王寺のやどかり屋さんが、和歌山の湯浅町に移転されたので明日見に行って、陳列水槽などの打ち合わせです。
今まで片道25分くらいでしたが、1時間半くらいかかるので道の駅でお土産でも見て帰ってきます、桃が良いかと考えます。
ねくすとショップは、国内工場ですからオーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さいませ。
前のねくすとショップは、ヤマト運輸系列のモールの業績不振でモール自体が閉鎖されましたので、ねくすとショップを無くすのも考えものですから、同じヤマト運輸系列のモールに引っ越ししました。
このモールもシステムも今一なのと、クロネコヤマトで出荷が義務なので、10年間で平均でも他の運送会社より異常に破損が多い上、保険も無く200センチを越えると出荷できないので、「アクリルケージ屋さん」と「アクリルケージのお店」を充実させて他の運送会社でお送りします。
「アクリルケージ屋さん」と「アクリルケージのお店」は他の運送会社で出荷して1年くらいですが、破損率がクロネコヤマトの10分の1になりました。
新商品は一番後になりますので、ねくすとショップは主にオーダーメイドのお問い合わせなどにご利用下さい。



■2022年7月21日
今月はやどかり屋さんが、和歌山の湯浅町に引っ越しなので、小型オーバーフロー水槽は製作していませんでしたが、そろそろオープンまでに揃えます。

やどかり屋さんのオープンに合わせて、小型オーバーフロー水槽と普通の水槽もアップいたしますので、ご利用下さい。

ねくすとショップは、国内工場ですからオーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さい。

アクリルケージやアクリル水槽の新商品は、「アクリルケージのお店」か「アクリルケージ屋さん」でアップしております。

ねくすとショップは、運営モールの業績不振で閉鎖されましたので、名前だけ残すために同じヤマト運輸系のモールに引っ越ししております。

引っ越し先もシステムが今一のモールなので、主にオーダーメイドのショップとしてご利用下さい。

今回もカード等はクロネコヤマトで出荷が義務付けられたモールなので、クロネコヤマトは破損が耐えませんし保険も無く、200センチを越えると出荷できません。

約一年前から「アクリルケージ屋さん」と「アクリルケージのお店」は他の運送会社にしております。

約一年で破損率がクロネコヤマトの10分の1になりましたので、お客様の到着時のご迷惑を考えてクロネコヤマト以外で出荷いたしますからこのモールは銀行振込のみにいたします。

ねくすとショップはお問い合わせなどにご利用下さい。


■2022年7月19日
ねくすとショップは、国内工場ですからオーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さいませ。
新商品は主に「アクリルケージ屋さん」か「アクリルケージのお店」にアップしておりますので、そちらをご利用下さい。
5月の連休に、六角形のオーバーフロー水槽を試作していた店長ですが、クラゲも飼育できますので世の中には無い六角形のオーバーフロー水槽もよろしくお願いいたします。
旧ねくすとショップは、ヤマト運輸系列の運送モールの業績不振で閉鎖されて、違うヤマト運輸の運営モールに引っ越ししましたが、銀行振込以外はクロネコヤマトで出荷が義務付けられたモールです。
新しいモールもシステムも今一ですし、今後充実させる予定はありません、ねくすとショップはオーダーメイドなどの窓口などにご利用下さい
クロネコヤマトは、アクリルケージの出荷には破損が異常に多すぎで向いていませんし、保険も無い上200センチを越えると出荷できません。
10年平均で他の運送会社より破損がかなりひどいので、現在は他の運送会社に変えておりますが変更して約1年、破損が10分の1に減りました
お客様の到着時のご迷惑を考える上でも、クロネコヤマトの出荷は極力(どうしてもの場合は除く)控えさせていただきますので、「アクリルケージ屋さん」か「アクリルケージのお店」をご利用下さいませ。



■2022年7月6日
五角形と六角形のレオパケージがそれぞれ三種類完成しましたので、合わせて6種類アップしてゆきます。
コーンスネークケージや、ジャンガリアンハムスターケージとしても使えますのでご利用下さい。
六角形のオーバーフロー水槽は、水クラゲも飼育できますのでクラゲ水槽にも入アップいたします。
在庫切れ商品が多くなってきましたので、新商品開発はストップして、備品やアクリルケージの在庫作りにかかります。
来週は六角形のインコさんケージを仕上げます、初号機はデザインが今一だったので作り直しました。
世の中に無いアクリルケージを心がけて、設計している店長です、透明の多角形のアクリルケースは、アクリル加工の会社ではほぼ製作しませんので、五角形や六角形のアクリルケージは、弊社オリジナル商品になります。
ねくすとショップは工場ですから、オーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さいませ。


■2022年6月27日
六角形のインコさんケージを改良に改良して、何とか製品に仕上げました。
引き出しの形状が複雑なので、まずは引き出し無しの小型インコ、文鳥ケージからアップいたします。
今週は五角形と六角形の、レオパケージや水性生物水槽を次々アップしてゆきます。
積み重ねできる六角形のヘビちゃんケージも、アップしますので少しお待ち下さい。
今週末は和歌山の湯浅醤油の前に引っ越しされた、やどかり屋さんに行って店舗陳列什器の打ち合わせです
福井県のアトゥーラさんにも行って、六角形のクラゲ水槽の調整をしないといけません。
壁面用の多角形アクリルケージもアップしますので、よろしくお願いいたします



■2022年6月21日(火)
五角形と六角形のレオパケージをアップしてゆきます。
防水仕様ではありませんしドア付きですので、女性のお客様が多いショップですから、可愛い爬虫類ケースをお求めのお客様用になります。
六角形のオーバーフロー水槽で、水クラゲが飼育できるか福井県のアトゥーラさんで実験してもらっていますが、世の中には六角形の水槽はまず無いと思いますので、イベントなどでご利用下さい。
多角形のインコさんケージと、フクロモモンガケージも試作しております、来週にはアップできる予定ですので、ご期待下さい。
来月は天王寺のやどかり屋さんが、和歌山の湯浅醤油の前くらいに引っ越しなので、1度行ってから展示のレイアウトをします。
ねくすとショップは、国内工場ですから、オーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さいませ。


■2022年6月17日(金)
六角形のインコさんケージと、フクロモモンガケージを試作している店長です。
引き出しを六角形にすると、引き出しにくいので四角い引き出し架台にジョイントさせるアクリルケージにしてみました。
世の中に無いアクリルケージを心がけて設計している店長なので、今年は多角形の飼育ケージや店舗備品を増やしております。
福井県のアトゥーラさんに送った、六角形のオーバーフロー水槽で水クラゲが上がったので、クラゲ水槽にもバリエーションが増えました。
六角形のヘビちゃんケージや、水槽亀さんケージ、カエルさんケージもアップいたしますし、五角形の飼育ケージもアップしてゆきます。
アクリル加工の会社では、透明の多角形ケースは普通受けませんので、水槽などもありません。
他には無い飼育ケージをお求めのお客様用となります。


■2022年6月16日
多角形のアクリルケースばかり製作していたので、何角形でも製作できるようになりました。 

なので六角形のインコさんケージと、六角形のフクロモモンガケージを試しに製作しております。

引き出しを六角形にすると、引き出しにくいのと細工がかなり難しいので、ジョイント式にして四角い引き出しにしました、飼育ケージ内寸より引き出し内寸を大きくして、糞尿がそのまま引き出しに入る構造にしたので、メンテナンスはしやすいかと思います。
スライド扉は付ける面積が無いので、ドア型の扉を作り直して金具を取り付けます。

インコさんケージはバック1面パンチングで、前がドア型の扉、4面が止まり木用の穴の空いた面になります。
止まり木が交差するので色々なレイアウトもできます。

フクロモモンガケージは、六角形なので五面パンチングにしました、フクモモちゃんが運動しやすい、フクロモモンガケージになります、高さも必要なのでジョイント式の六角形ケージも作ります。 

ヘビちゃんケージも、多角形ケージを製作しましたので、来週にはアップいたします。



■2022年6月14日
昨日は六角形の亀さん水槽と、六角形のヘビさんケージを試作していた店長です
世の中には無いアクリルケージを増やしてゆきます、六角形こインコさんケージは来週にはアップする予定です。
アクリル加工屋さんは、透明の多角形ケースはほぼ作りませんので、必然的に六角形のアクリルケージなどは存在しません。
五角形もなかなか面白いので、爬虫類ケースにはアップします。
ねくすとショップは、国内工場ですからオーダーメイドもお気軽にお問い合わせして下さい。



■2022年6月9日
バードケージカテゴリーには、オール木製のインコさんハウスや、水浴びケースの新商品も増やしてゆきます。
組み立て式のウサギさんケージと、リチャードソンジリスケージも増やす予定です。
爬虫類ケースカテゴリーには、展示会用のヘビちゃん陳列ケースや、六角形の亀さん水槽もアップいたします。
世の中に無いアクリルケージを心がけている店長ですので、六角形のインコさんケージもアップしますのでご利用下さい。 
可愛い小型オーバーフロー水槽も、ヤフーショップには色々アップいたしました
クラゲ水槽も屋根付きをアップしますので、よろしくお願いいたします。



■2022年6月8日
高級ブランドの展示会も少しずつ復活してきました、かなり複雑なアクリル加工の見積りも頂戴しております。
アクリルケージも四角形だけでは面白く無いので、六角形のインコさんケージを試作している店長です。今年はアクリルケージ以外にも、五角形、六角形、七角形のフラワーベースや、五角形、六角形、八角形の展示ケースもアップいたします。
組み立て式のウサギケージや、リチャードソンジリスケージもアップしますので、ご利用下さい。
可愛いオーバーフロー水槽を色々アップいたしますので、ご利用下さい。
来月は天王寺のやどかり屋さんが、和歌山の湯浅に引っ越しされるので、見に行ってからタワータイプのやどかりケージを考えます。
やどかりケースもリニューアルしますので、試作が必要です。


■2022年6月7日
七角形のフラワーベースを試作してみましたが、六角形か八角形にも見えるので、あくまでも種類としてアップしたいと思います。
多角形の水が入るアクリル水槽をオーバーフロー水槽とは別にアップいたします。
六角形の浅いアクリル水槽なら、インコさんの水浴びケースや亀さんの飼育ケージ、ヘビさんの展示ケースなどにもなるので、展示ケースは盗難防止を考えた多角形ケースを設計しております。
そろそろ福井県のアトゥーラさんに行って、六角形のオーバーフロー水槽で水クラゲが浮くか教えてもらわないといけません。
この前二年ぶりに西宮港で水クラゲを見ましたが、関西はクラゲが減ったので、店長も今年はクラゲ飼育はしておりません。
クラゲ水槽も可愛い屋根付きもアップしますので、ご利用下さい。



■2022年6月6日

六角形のインコさんケージを試作している店長ですが、なかなか扉が難しいので文鳥ケージみたいにするか、開き扉にするかます。

普通のアクリル加工屋さんは、多角形のアクリルケースは仕上げが難しいので、透明の六角形や八角形のアクリルケースは、基本的には作りません。 

店長はオーバーフロー水槽にするため、接着は綺麗にしないと水漏れがするので、何とか見れる範囲の六角形のアクリルケースは製作できます
なので店長こだわりの、五角形、六角形、八角形のアクリルケースをアップいたします。

フタ付きのアクリルケースもございますので、色々な使い方でご利用下さい。
またアクリルフラワーベースのカテゴリーを作って、五角形、六角形、七角形、八角形のアクリル花瓶もアップいたします。
世の中に無いアクリルケージや、アクリル備品を増やしてゆきますので、よろしくお願いいたします。



■2022年6月3日
アクリルケースは四角形だけなのは、味気ないので多角形のアクリルケースもアップしてゆきます。
五角形、六角形、八角形のアクリルカバーはアップしますが、アクリル加工では多角形は接着難易度が高いので透明はあまりありませんので、世の中無いアクリルケースをお求めのお客様用になります。
六角形のインコさんケージは試作中なので、世の中に無いアクリルケージもアップしてゆきます。
アクリル花瓶も、フラワーベースカテゴリーを作って、五角形、六角形、七角形、八角形、十角形までは作る予定です。
今年はウサギさんケージも増やしてゆきますので、よろしくお願いいたします。



■2022年5月30日
ゴールデンウィークから、六角形のオーバーフロー水槽を試作して、十数台失敗してコツがわかったので、色々な多角形ケースも増やしてゆきます。
とりあえずアクリルケージではありませんが、アクリル展示カバーの、五角形、六角形、八角形、まで急ぎアップいたします。
六角形は問題なくなってきたので、インコさんケージに応用してアップするつもりです。
小型オーバーフロー水槽には、可愛いポコポコ屋根付きの物もアップいたします。
水槽に可愛い物は無いので、お部屋に小さな水槽を置く時はご利用下さい。




■2022年5月27日
オーダーメイドのリチャードソンジリスケージをコツコツ仕上げている店長です。
スローロリスケージのお問い合わせなどもあり、新商品のアクリルショーケース作りも、少しずつ進めています。
ねくすとショップは、基本的には普通のアクリルカバーは製作しませんが、五角形や六角形のショーケースは、ありそうで無いので商品化する事にしました。
アクリルケージではありませんが、五角形、六角形、八角形、12角形までアップいたします。
ありきたりのレイアウトが好きでは無い方用になります、水槽ではありませんので水は入れないで下さい。
新商品のリチャードソンジリスケージや、ウサギケージも試作中ですので少しお待ち下さい。


■2022年5月25日
土曜日は福井県のアトゥーラさんに、看板の取り付けに行っていました。
六角形のオーバーフロー水槽は、一応なんでも飼育できる設計ですが、水クラゲは水流が難しいので、あづけて帰ってきました。
少し大きな六角形のオーバーフロー水槽もあるので、2つとも水クラゲが上がればイベントひも使えます。
リチャードソンジリスケージと、ウサギケージ、は新商品も試作しております。
そろそろ天王寺のやどかり屋さんに行って、引っ越し先の打ち合わせです。



■2022年5月23日
明日の土曜日は朝早くから、福井県のアトゥーラさんに行って日帰りです。
240センチの看板を持って行き、取り付けをてつだってから帰ります。 
ついでに六角形のオーバーフロー水槽で、水クラゲが上がるか実験してもらい、上がればイベントに使います。
長年クラゲ水槽を製作してきましたので、たぶん上がると思います。
六角形のバードケージは試作しますので、ご期待下さい。
ゴールデンウィークは、六角形と八角形のオーバーフロー水槽をかなり失敗してなんとか上手く接着できるようになりました。
接着があまいと水漏れがするので、なかなか難易度が高い加工です。
理論上は五角形や12角形も製作できるはずなので、時間ができればイベントのショーケースとして、試作してみます。
来週は天王寺のやどかり屋さんで、引っ越し先のやどかりタワーの設計です。



■2022年5月19日
お客様のウサギケージを製作させて戴いております、リチャードソンジリスケージのオーダーメイドもあるので週末は、1人工場かもしれません。
公共機関のレンタル用に製作している、小型オーバーフロー水槽ですが、もちろん可愛い三角屋根の小物入れも付いた物もアップします。 
水族館の展示会用を想定きて開発しておりますから、六角形、八角形、円柱、小型オーバーフロー水槽も屋根付きでアップします。 
六角形のオーバーフロー水槽は、たぶん水クラゲも飼育できるはずなので、福井県のアトゥーラさんに看板を持って行く予定なので、その時に実験してもらいます。
新商品のウサギケージや、新商品のリチャードソンジリスケージも試作しますので、よろしくお願いいたします。


■2022年5月17日
去年の9月から、クロネコヤマトは破損が異常に多いので極力他の運送会社で出荷しておりますが、破損率は10分の1になりました。
10年以上クロネコヤマトでしたが、どんな梱包をしても破損が無い時は無かったので、会社によって荷扱いの違いは明らかなので良かったと思います。

今年はウサギケージや、リチャードソンジリスケージも増やしてゆきますので、よろしくお願いいたします 

小型オーバーフロー水槽は、公共機関のレンタル用ですが、お家でお使い戴いても可愛いのでオプションの屋根などもアップしてゆきます。 

オーバーフロー水槽は、浄化槽が大きいので水が安定します。 

熱帯魚、淡水魚の他にも排水管を短くすると、水位調整もできますので、カエルさんや亀さん、イモリさんやトビハゼなども飼育できます。 

六角形のオーバーフロー水槽は、難易度が高いので他にはありませんので、ぜひお試し下さい。



■2022年5月6日
六角形のオーバーフロー水槽は量産できるか、ゴールデンウィークに1人試作をしておりましたが、なんとか形になりましたので、新商品でアップいたします。
かなり加工が難易度が高いので、イベント用のオーバーフロー水槽にしてゆきます。
八角形も製作しましたが、アクリルケージにも前二方をカットした、世の中に無いアクリルケージもアップしますので、ご利用下さい。
イベント用のオーバーフロー水槽も増やしてゆきますし、もちろんクラゲさんも飼育できますので、ご期待下さい。
ゴールデンウィーク高速はどこも、渋滞でしたが1度下道で日本海の福井県の小浜まで行きましたが、ぜんぜん渋滞もなく快適に帰ってきました。
バイカーが多くて、人出も多かったですが、天気も良くて良かったです。


■2022年5月2日
前半のゴールデンウィークは雨だったので、1人工場で六角形や八角形のオーバーフロー水槽の試作をしておりました。
アクリル加工では角度を付けて綺麗に接着は難しいので、まして水槽は接着があまいと水漏れしますし、接着面は綺麗に仕上げたいのでかなり大量の失敗作ができました。
なんとか六角形のオーバーフロー水槽の規格品はできましたので、ゴールデンウィーク明けにアップします。
六角形のインコさんケージも製作可能ですが、引き出しを六角形にするとルーバースノコは六角形にできないので、引き出し部分だけ四角いバードケージを設計しております。
またコーナーだけカットした、バードケージや爬虫類ケースはアップしますのでご期待下さい。
ねくすとショップは、リニューアル中ですが、オーダーメイドはお気軽にお問い合わせして下さいませ。


■2022年4月28日
六角形のオーバーフロー水槽は、量産できるか試作していましたが、水槽は接着面が完全でないと、水漏れするので量産は難しく最初は水族館などの公共機関のレンタルからアップです。
単に六角形なら製作できるので、バードケージに六角形のケージをアップするか考えます。
近くの昆虫館の、昆虫トンネルの見積りや、リチャードソンジリスのオーダーメイドのお問い合わせなどもあり、今年は新しくリチャードソンジリスケージや、ウサギケージも試作します。
アクリルケージも、少し変わったデザインでアップするのも良いかもしれません。
ねくすとショップは、リニューアル中ですので、新商品も混ぜながらアップしてゆきます。


■2022年4月26日
昨日はイベントなどに使うためと、店長の車がエンジンとETCが壊れたので、キャラバンを購入したので今日から、荷台をフラットに改造です。
アクリルケージはかさばるので、ファミリーカーでは数が乗せられませんでしたが、商用車なので大量のアクリルケージや大型ケージが積めます。
店長は時々大型ケージは、赤帽さんのトラックの助手席に乗って納品などに行くのですが、キャラバンなら普通に乗ります。
ゴールデンウィークは、ほぼ新商品のアクリルケージの試作ですが、福井県のアトゥーラさんに看板取り付けには行く予定です。
それまでに、八角形と六角形のクラゲ水槽を仕上げます。



■2022年4月22日
昨日はやどかり屋さんが商品の引き取りに来られましたが、店長の車はエンジンとETCが壊れているので、新しくキャラバンが来ないとやどかり屋さんに行けません。

ゴールデンウィークまでには乗りたいのですが、何の連絡も無いので、ゴールデンウィーク明けかもしれません。

近くの昆虫館のオーダーメイドの昆虫ケージがようやく完成しました、穴空けがたくさんあって、後回しにしていたので1ヶ月ちょいかかりました。

四角いアクリルケージのデザインの限界を感じた店長ですので、前の2隅をカットした六角形のオーバーフロー水槽は作りしたが、貼りがかなり難しいので、バードケージや展示用ケージができるか試作してみます。

今日は八角形のクラゲ水槽を試作して、後正六角形と円柱を作ると、イベント水槽は完成です。

今年は公共機関と水族館や動物園などに限って、レンタルオーバーフロー水槽のカテゴリーを作ります。

自分でオーバーフロー水槽が設置できる方用ですので、季節展示などにご利用下さい。



■2022年4月19日
近くの昆虫館のオーダーメイドケージの製作をしております、今日で仕上げる予定なので明日からは新商品のアクリルケージや、8角形のクラゲ水槽の試作です。
フクロモモンガケージには、三角屋根の側板のフタが外れて、2台三角屋根を使うと飼育ケージがつながる、つながる三角屋根をアップいたします。
デグーマウスやチンチラの飼育ケージ、45✕35センチケージにもつながる三角屋根はアップしますのでご利用下さい。
ゴールデンウィークは新商品の試作をしている店長ですが、どこかで福井県のアトゥーラさんまで看板の取り付けに行く予定です。
ねくすとショップはリニューアル中なので、新しいクラゲ水槽も種類を出しますのでよろしくお願いいたします。



■2022年4月18日
ゴールデンウィークは毎年新商品の試作をしている店長なので、今年もコツコツアップしてゆきます。
そろそろ天王寺のやどかり屋さんに行って、引っ越し先の和歌山に展示するやどかりタワーの設計です。
ゴールデンウィークは、どこかで福井県のアトゥーラさんに看板の設置に行かないといけません。
お店は綺麗なのですが、看板が無いので日差しに強く風や雨に負けない、今は廃盤になったアクアポリの看板にします。
立体のクラゲ看板も製作しないといけませんが、これもゴールデンウィークに作る予定です。
ゴールデンウィークは、インコさんの木製のお家も種類を試作しますので、ご利用下さい。
アクリルのお家は屋根らビはス止めができるのですが、木はタップ切りができないので、木製のお家にも屋根が外せるように工夫する予定です。